吉野塾・民俗写真家が誘う、談山神社の「けまり祭」 特別席での観覧と、多武峰観光ホテルの昼食付き

  • 講師 野本 暉房
  • 野本 暉房(写真家)
講師詳細

藤原鎌足公が飛鳥法興寺の蹴鞠会において中大兄皇子とはじめてまみえ、「大化改新」の発端となった故事にちなんで行われる、たいへん雅びな祭りです。奈良のさまざまな民俗の撮影を続ける写真家に見所を聞き、講座のために設けられた特別席から、神事を拝見します。
11月3日(日・祝)9:30 近鉄・JR「桜井」駅南口バス停集合(13:00頃解散予定)
会員・一般とも9,350円(拝観料、昼食代を含む。交通費は各自)

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

この講座は終了しました
日程
2019/11/3
曜日・時間
日曜 09:30~13:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 9,350円 一般 9,350円
持ち物など
11月3日(日・祝)9:30 近鉄・JR「桜井」駅南口バス停集合(13:00頃解散予定)
会員・一般とも9,350円(拝観料、昼食代を含む。交通費は各自)
その他
現地案内あり。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、Eメールまたは郵送でお送りします。)■開講日以降の受講料はご返金できませんのでご了承ください。  

講師詳細

野本 暉房(ノモト テルフサ)
1940年大阪府生まれ。一般企業に勤務の傍ら趣味で写真をはじめ、1968年ごろから各種コンテストに応募、アサヒカメラ年度賞、シュピーゲル賞はじめ受賞・入選多数。2000年より写真家として奈良大和の風景、祭事の撮影に専念。著書に『奈良大和の祭り』(東方出版)、『神饌 供えるこころ』(淡交社)。日本写真家協会(JPS)会員。奈良県河合町在住。