あぶない!聞こえの悪さがボケの始まり

  • 坂田英明講師
  • 坂田 英明(川越耳科学クリニック院長)
講師詳細

加齢とともに音が聞こえにくくなっていく老人性難聴。個人差はありますが70代で半数の人が難聴とされています。「歳だから仕方ない」と放置されている方はとても危険です。そのまま放置し続けると周囲とコミュニケーションがうまくいかなくなり、認知症のリスクも高まります。難聴には加齢以外の原因もあります。講座では、耳のはたらきや難聴の予防策、補聴器など最先端の治療についても解説します。

この講座は終了しました
日程
2019/11/16
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,740円
その他
窓口でお手続きされる方は2番のちらしをご確認ください。当日は受講券をご持参ください。※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。

講師詳細

坂田 英明(サカタ ヒデアキ)
埼玉医科大学卒業。埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科副部長等を経て、現在、埼玉医科大学客員教授、昭和女子大学客員教授。著書に『あぶない!聞こえの悪さがボケの始まり―「耳」を知る、治す、鍛える』。