伝わる文章を書く 【オンライン講座】
  • オンライン講座

  • 前田 安正(未來交創株式会社代表取締役、朝日新聞 元校閲センター長)
講師詳細

普段、話をしているし本や新聞も読んでいる。だから文章だって書けるはずだ。でも、なぜか書けない。私自身もそうでした。書いたものを読み返すと、書きたいことの半分も書けていないのです。「それは読書量が少ないからだ」と、そんなことも言われます。いまさら、そんなことを言われても困ります。文章力を読書量という経験値でしか語られないのは、どこか納得がいきません。学校で作文の授業はあったけれど、書き方そのものは教わった経験が僕にはありませんでした。そんな僕が長年、新聞の校閲という職場にいながら12年ほどコラムを書き続けてきました。そこで気づいたノウハウを2013年に『きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける』にまとめ、2020年に朝日文庫となりました。本講座はこれを基に、3回シリーズでお話しします。文と文章の基本的な構造をいま一度、確認しながら、文章を書く楽しさをお伝えしたいと思います。

【オンライン講座】は、後日動画(1週間限定配信)視聴が可能です。
★★〈オンライン講座注意事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。 
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(10/4(月)正午に受付終了します)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の5日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は asaculonline009@asahiculture.com までご連絡ください。電話の場合は(06-6222-5224)です。以降のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。 
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。なお、当日、ご視聴できなかった方も、動画は御覧いただけます。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。 
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

お申し込み
日程
2021/10/5, 10/12, 10/19
曜日・時間
火曜 18:30~20:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 9,900円
持ち物など
◆本講座はZoomを使用したオンライン講座として行いますので、当日受講券のご用意などは不要です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。 
◆Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
その他
◆10/4(月)正午に受付終了します◆ 
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。 ・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行います。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。

講師詳細

前田 安正(マエダ ヤスマサ)
1955年福岡県生まれ。早稲田大学演劇学科卒業。事業構想大学院大学修了。82年朝日新聞入社。大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長、編集担当役員補佐兼経営企画役員補佐、朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部長などを歴任。朝日新聞で長年、ことばや漢字に関するコラムやエッセイを担当。日本語や文章に関する著書多数。『きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける』(すばる舎、朝日文庫)は累計5万部超。就活生のESの書き方を題材とした文章作法『マジ文章書けないんだけど』(大和書房)は、10万部に迫るロングヒットとなっている。「文章の書き方・直し方」など、企業・自治体の広報研修に出講、新聞・雑誌、テレビ・ラジオなどメディアへも多く登場している。2019年、未來交創という会社を立ち上げ、人生や仕事に役立つ文章の書き方などのコーチングを手掛けている。また、冨士原櫻人という名前でコラムやエッセイなどを発表している。