知りたい、行きたい世界遺産 53カ国訪問の朝日新聞記者が語る(関西編)【オンライン講座】

  • ペルー・マチュピチュ
  • 京都・二条城
  • 筒井次郎・朝日新聞記者
  • 筒井 次郎(朝日新聞記者)
講師詳細

京都の有名な寺でも世界遺産でないところがあるのはなぜ? 29年間「候補」の彦根城は世界遺産になれる?――。講師の筒井記者は仕事の傍ら、25年間で53カ国412カ所の世界遺産を訪問。ライフワークが世界遺産の旅である一方で、京都、奈良、姫路、滋賀に赴任し、「古都京都の文化財」や「古都奈良の文化財」、「法隆寺」や「姫路城」などの世界遺産を取材し、人々と接し、奥深い魅力を紹介してきました。
コロナ禍で海外に行けない今は、日本にある世界遺産を見つめ直す好機。関西には古墳時代から江戸時代まで、日本の歴史を代表する世界遺産が集まっています。筒井記者によると、京都、奈良の世界遺産の寺社はいまが「旬」といいます。それはなぜか。講座では主に関西にある世界遺産をとりあげ、知っているようで知らない世界遺産の奥の世界に迫ります。
【共催:朝日新聞社】



お申し込み

注意事項

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使った、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline003@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります【5/27(木)正午まで】。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。

日程
2021/5/29
曜日・時間
土曜 15:00~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,420円 一般 2,420円
設備費(税込)
-
その他
◆5/27(木)正午で受付終了します◆ 
◆キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。締め切り以降のキャンセルはできません。

講師詳細

筒井 次郎(ツツイ ジロウ)
1993年朝日新聞社入社。京都や奈良など世界遺産のある地に赴任。現在は延暦寺(世界遺産)や彦根城(世界遺産候補)を抱える大津総局員。寺社や遺跡、それを守る人々を取材する一方、1997年から海外の世界遺産を訪問。