A:第1部のみ ヒモトレの使い方・使われ方  介護の現場から
  • 教室開催

  • 浜島講師
  • 小関講師
  • 小関 勲(小関アスリートバランス研究所代表、バランストレーナー、ヒモトレ発案者)
  • 浜島 貫(浜島治療院院長)
講師詳細

ヒモトレはどのように使われているのでしょう?一本のヒモが何を見せてくれたのか? 介護者と要介護者どちらも知っていると得するカラダのことを医療や介護の現場からヒモトレを併用し継続的に関わった事例を踏まえて「ヒモトレ介護術」の著者がみなさんと一緒に体を動かしながら紹介していきます。(浜島講師がメインでの講義と実技)
第2部17:15~18:45 「ヒモトレとは何か? ~ひも1本で体が変わる、体が動く」があり、ほかに、1部2部通しの受講方法もあります。

この講座は終了しました
日程
2021/2/20
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,490円 一般 6,820円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。受付窓口でお手続きされる方は、別紙案内をご確認下さい。
・当日はマスクの直用をお願いします。
服装はスカートでなく動きやすいパンツスタイルがよい。素足、またはソックス着用。ヒモは、貸出します(無料)。

講師詳細

小関 勲(コセキ イサオ)
小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表、Marumitsu BodyBalanceBoardデザイナー。1973年山形県生まれ。1999年から始めた「ボディバランスボード」の制作・販売をきっかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、緊張と弛緩を含む身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行っている。著書『[小関式]心とカラダのバランス・メソッド(Gakken刊)』平成12~15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ)。平成22~25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)。日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、日本韓氏意拳学会中級教練。WEB site http://www.m-bbb.com/ http://www.kablabo.com/
浜島 貫(ハマシマ トオル)
代々続く治療家の家に生まれ、さまざまな治療法、健康法を実践するなかで「ヒモトレ」や「脱ゴム紐、ゴム紐症候群」「裸足ラン」などと出合い、現代人が抱える数々の問題点にその効用があることに気づく。