• 見学可

中国茶 陳年茶・老茶を飲む (1年コース)

  • 工藤 佳治(中国茶評論家 XiangLe(シャンルゥ)中国茶サロン創始)
講師詳細

年を経たお茶が、価値を持つ。中国茶の特徴の一つです。プーアル茶のヴィンテージものや、六堡(ろくほ)茶など黒茶の仲間、最近は白茶の陳年茶も評価されています。台湾の烏龍茶は古くから茶人の間では密かに流通し、紅茶は年を経たものが美味しく形を変えます。1年で、貴重、希少な約50種以上のお茶を体験します。(2019年4月開講・今期で終了)

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。
申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話06-6222-5222で

注意事項

1年コースです(2019年4月より開講・今期で終了)

日程
2020/2/1, 7/4, 8/1
曜日・時間
第1週 土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 16,500円 一般 18,150円
持ち物など
筆記用具
その他
窓口でお手続きされる方はちらし21番をご確認ください。お茶の試飲があります。※1月はお休みです。

講師詳細

工藤 佳治(クドウ ヨシハル)
1948年生。学習院大学法学部卒業。出版社、シンクタンク勤務などを経て独立。著書に『中国茶図鑑』『はじめての中国茶』『中国茶辞典』など。