『一遍聖絵』を読む――思想/身体/行動

  • 末木文美士講師
  • 末木 文美士(東京大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授)
講師詳細

一遍智真の生涯の活動は『一遍聖絵』に詳細に描かれていますが、その思想は体系的に展開されることがなく、教説の理解には困難が伴います。このことは、一遍においては、思想が抽象的な思弁としてではなく、身体を伴う行動として表現されているということに他なりません。そこに神仏も真俗も、すべてが念仏の中に融合する独自の世界が展開します。そのような観点から『聖絵』を読み解き、一遍の行動と思想を13世紀の仏教思想の流れの中に位置づけてお話しします。

この講座は終了しました
日程
2019/4/17
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,348円
持ち物など
プリント配布の場合は、実費をいただきます。
教室内での録音、写真撮影は、固くお断りします。
その他
窓口でお手続きの方は、ちらし4をご覧ください。

講師詳細

末木 文美士(スエキ フミヒコ)
1949年生。東京大学大学院博士課程単位取得退学。東京大学名誉教授。国際日本文化研究センター名誉教授。博士(文学)。専門は、日本思想史、宗教史。著書に『冥顕の哲学1 死者と菩薩の倫理学』、『冥顕の哲学2 いま日本から興す哲学』、『仏教からよむ古典文学』、『思想としての近代仏教』、『日本思想史の射程』、『親鸞』、『草木成仏の思想』、『日本宗教史』など多数。