【教室受講】古代語とは何か 形容詞の活用と意味
  • 教室開催

  • 蜂矢 真郷(大阪大学名誉教授)

古代語の形容詞には、ク活用とシク活用との二つの活用の種類がある。そして、形容詞の表す意味は、大きく分けて、状態的意味と情意的意味とがあり、しかも、ク活用形容詞は状態的意味を表し、シク活用形容詞は情意的意味を表すという傾向がある。他方、現代語ではこの二つの活用の種類の区別がなくなる。そのことを含めて 古代語の形容詞について、その活用と意味のおおよそを述べることにしたい。

■大阪・中之島教室でのご受講です

お申し込み

注意事項

教室でのご受講を承ります。
オンライン受講は別のページよりお申込みください。
・大阪・中之島教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2023/2/8
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
持ち物など
こちらは大阪・中之島教室受講です、アーカイブ動画の配信はございません。
※教材としてプリントをお配りする場合はコピー代の実費をいただきます。
資料を配布する場合はコピー代(実費)を当日にいただきます。
その他
窓口でお手続きの方は歴史38のちらしをご確認ください