健康な“骨づくり” ~ビタミンD栄養を充足させるために 【「ヒト」と「科学」を考える~健康‟生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス連続セミナー】

  • 津川 尚子(大阪樟蔭女子大学 健康栄養学部 健康栄養学科 教授)
講師詳細

身体を支えるために欠かせない骨。そして、体にとって欠かせない“カルシウム”の貯金箱でもある骨。ビタミンDは、体の中にしっかりカルシウムを取り込み、骨への沈着を促してくれる大切なビタミンです。ビタミンDは老若男女、全ての人に大切ですが、自分でも気づかぬうちに不足・欠乏状態に陥っていることも。簡単なテストでビタミンDやカルシウムの栄養チェックをしながら、健康な“骨づくり”を考えてみましょう。

★会場:朝日カルチャーセンター中之島教室
 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー18階

お申し込み
日程
2019/7/28
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,160円 一般 2,160円
その他
窓口でお手続きされる方は、別紙ちらしをご確認ください。開講日以降の受講料のご返金はできません。
※会場は「朝日カルチャーセンター・中之島(中之島フェスティバルタワー18階)です。
※開場は、開始時刻の30分前を予定しています。

講師詳細

津川 尚子(ツガワ ナオコ)
神戸薬科大学 助手・講師・准教授を経て、2015年より大阪樟蔭女子大学健康栄養学部 教授として勤務。脂溶性ビタミンの生命科学の研究に従事し、活性型ビタミンD製剤開発に関する研究で博士(薬学)を取得。現在は日本人のビタミンD栄養改善を目指した栄養疫学研究を進めている。主な所属学会:日本ビタミン学会、日本骨粗鬆症学会、日本栄養・食糧学会など。