【教室視聴】中先代の乱を考える 北条時行の鎌倉奪還
  • 教室開催

  • 中先代の乱―北条時行、鎌倉幕府再興の夢(中公新書)
  • 諏訪照雲頼重供養塔
  • 鈴木 由美(中世内乱研究会会長)
講師詳細

中先代の乱は、建武2年(1335)に、鎌倉幕府最後の得宗(鎌倉幕府の執権北条氏の家督)北条高時の遺児・北条時行が、後醍醐天皇の建武政権に対して起こした反乱です。その後の南北朝時代や室町幕府成立の契機になったという点で著名な反乱ですが、乱自体の内容はあまり知られていないように思います。本講座では、中先代の乱の実態について、当時の史料などから検討していきたいと思います。

この講座は終了しました

注意事項

オンライン講座を教室で視聴いただくお申し込みページです。見逃し配信はございません。
オンライン受講はURLから→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/aa226172-eb66-399e-60c5-62a99ee754e5

日程
2022/8/28
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,630円
設備費(税込)
110円

講師詳細

鈴木 由美(スズキ ユミ)
帝京大学文学部史学科卒業。現在、中世内乱研究会会長。著書に『中先代の乱』(中公新書)、共著に『南朝研究の最前線』(朝日文庫)など。