【教室受講】楠木正成の実像をめぐって 「忠臣」か「悪党」か
  • 教室開催

  • 生駒講師
  • 楠木正成像(河内長野市観心寺)
  • シリーズ・実像に迫る『楠木正成・正行』(戎光祥出版)
  • 生駒 孝臣(花園大学文学部准教授)
講師詳細

楠木正成と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。河内の土豪、後醍醐天皇の「忠臣」、「悪党」、商人的な武士など人によってさまざまだと思います。実は確かな史料から知られる正成の歴史の表舞台での活動は、たった五年にすぎません。そのため、彼の実像をめぐっては、これまで多くの議論が積み重ねられてきました。本講座では最新の鎌倉・南北朝時代研究や中世武士団研究の成果をふまえつつ、そんな楠木正成の実像についてあらゆる角度から迫ります。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/eb005804-3079-b8a6-7e64-634ce3ff6f82

日程
2022/12/2
曜日・時間
金曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,630円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、 番のちらしをご覧ください。資料がある場合は実費(1枚20円)をいただきます。

講師詳細

生駒 孝臣(イコマ タカオミ)
関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程日本史学専攻修了(博士(歴史学))。2019年より花園大学文学部専任講師、2022年より同准教授。専門は日本中世史、特に中世武士論(畿内武士・武士団研究)・中世畿内政治史。単著に『中世畿内武士団と公武政権』(戎光祥出版、2014年)、『楠木正成・正行』(戎光祥出版、2017年)、『楠木正行・正儀』(ミネルヴァ書房、2021年)、共著に『楠木正成 知られざる実像に迫る』(批評社、2021年)などがある。