□【オンライン受講】武士と武士道の歴史
  • 教室開催

  • 笠谷 和比古(国際日本文化研究センター名誉教授)
講師詳細

講座では武士が発生し、武士領主制が発展した中世の時代を眺めたのち、戦国時代を経て天下統一の過程をたどり、徳川幕府と幕藩体制が確立していく過程を検討します。そしてその中で武士道がどのように形成され、またどのように新たな方向へと発展し、どのような意義を有していたのか、それらの諸問題を探求していきます。(この講座は2022年4月~2023年3月まで全12回の前半)

① 4月20日 武士の登場と「家イエ」の形勢
② 5月18日 中世武士のエートス
③ 6月15日 鎌倉幕府の成立
④ 7月20日 守護と地頭―武士領主制の発展
⑤ 8月17日 戦国大名と国人領主
⑥ 9月21日 織田信長政権の意義  

〈ご案内事項〉
・オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座は後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline009@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

受付一時中止

注意事項

・オンライン受講を承ります。教室受講はリンク先よりお申込みください→
・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.comまでお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

【年間の予定】
1.武士の登場と「家イエ」の形勢   2.中世武士のエートス      3.鎌倉幕府の成立
4.守護と地頭―武士領主制の発展  5.戦国大名と国人領主      6.織田信長政権の意義  
7.豊臣秀吉政権の盛衰       8.関ヶ原合戦と徳川幕府の成立  9. 大名家(藩)の構造 
10.武士道とは何かⅠ        11.武士道とは何かⅡ       12.幕末の武士道 

日程
2022/4/20, 5/18, 6/15, 7/20, 8/17, 9/21
曜日・時間
第3週 水曜 15:00~16:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,500円 一般 18,480円
設備費(税込)
660円
持ち物など
※4/19、17時までにお申し込みのお客様には招待状を送信済。以降のお申し込みのお客様には、20日正午までにお送りします。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、歴史8番のちらしをご覧ください。
※今期は2022年4月から全12回の講座です。


講師詳細

笠谷 和比古(カサヤ カズヒコ)
1949年生。京都大学文学部史学科卒業。同大学院文化研究科博士課程修了、文学博士。NHK「そのとき歴史が動いた」にもゲストコメンテーターとして出演。専門は歴史学・武家社会論。著書に『主君「押込」の構造』(平凡社選書、88年度サントリー学芸賞)、『近世武家社会の政治構造』(吉川弘文館)、『関ヶ原合戦 家康の戦略と幕藩体制』(講談社学術文庫)、『徳川家康』(ミネルヴァ書房)他多数。