吉野塾・日本最古の薬狩りの郷 森野旧薬園と大願寺の薬草料理を… 薬のまち 宇陀・阿騎野

  • 原野 悦良(森野旧薬園薬草栽培管理者)
講師詳細

薬草のまちとして知られる大宇陀は、古くは阿騎野と呼ばれ、宮廷の薬狩りの記述が日本書記に記されています。大宇陀にある日本最古の薬草園で、約250種類の薬草木が四季折々に来園者の目を楽しませてくれる「森野旧薬園」をご案内します。昼食は織田家の祈願所の歴史を持つ大願寺で、薬草や宇陀の名産である吉野葛を使った精進料理をお召し上がりいただきます。10名様限定。

11月13日(金)10:00近鉄大阪線「榛原」駅南口バス乗り場前集合(14:00頃解散予定)
会員・一般とも6,710円(昼食付き、交通費各自)

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2020/11/13
曜日・時間
金曜 10:00~14:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,710円 一般 6,710円
持ち物など
11月13日(金)10:00近鉄大阪線「榛原」駅南口バス乗り場前集合(14:00頃解散予定)
会員・一般とも6,710円(昼食付き、交通費各自)
その他
現地案内をご確認ください。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、郵送でお送りします)キャンセル手数料は11/5(木)まで550円、11/6(金)以降のご受講料の返金は致しませんのでご了承ください。(日曜・祝日はご連絡いただけません)
 

講師詳細

原野 悦良(ハラノ エツロウ)
大宇陀在住。平成18年から森野旧薬園の薬草管理を担う。薬草に合う土、植え替える時期など薬草の知識について独学で勉強し、自身でも薬草を育てる。