イタリア絵画でよむキリスト教の物語(教室受講)

  • 木村太郎講師
  • 木村 太郎(大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家)
講師詳細

ヨーロッパの教会や国内外の美術館で西洋絵画を見るとき、「この絵はとても美しいけれど、描かれているのは誰だろう?」「表されているのがどんな場面かよくわからない」と思ったことはありませんか? 西洋絵画の多くはキリスト教かギリシア・ローマ神話の物語に題材を得ており、これらは日本人にあまり馴染みがありません。これらの物語を知れば、西洋絵画を見る時間はこれまでよりずっと楽しくなるでしょう。この講座では、西洋絵画の2大テーマのひとつであるキリスト教の様々なエピソードをイタリアの名画とともにたどります。(今期は9カ月コースの第1期(3回)です)

第1回 旧約聖書の世界①――「天地創造」、「ノアの箱舟」など
第2回 旧約聖書の世界②――「バベルの塔」、「イサクの犠牲」など
第3回 旧約聖書の世界③――「モーセの十戒」、「ダヴィデとゴリアテ」など

★「オンラインで学ぶイタリア美術史――天才たちの世界 第2回 ピエロ・デッラ・フランチェスカ」が3月にあります。
https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/2f22a36d-7078-aa17-f823-6029c1741ed4
-----------------------------------------------------------------------------------
※第4回~6回は、2021年4~6月に予定しています。
第4回 新約聖書の世界①――「受胎告知」、「キリストの洗礼」など
第5回 新約聖書の世界②――「カナの婚礼」、「ラザロの蘇生」など
第6回 新約聖書の世界③――「最後の晩餐」、「キリストの磔刑」など

※第7回~9回は、2021年7~9月に予定しています。
第7回 使徒と聖人たちの世界①――聖ペテロ、聖パウロなど
第8回 使徒と聖人たちの世界②――聖セバスティアヌス、聖ゲオルギウスなど
第9回 使徒と聖人たちの世界③――聖アガタ、聖ルチアなど

残席わずか

注意事項

★予定通り開講いたします。広めの教室で十分に間隔を空けてお座りいただきます。
2月からオンラインでも受講できるハイブリッド型でおこないます。
※満席表示が出ていてもお席がご用意できる場合がございます。お電話(06-6222-5222)でおたずねくださいませ。

日程
2021/1/12, 2/9, 3/9
曜日・時間
第2週 火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,900円
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 ◇当日資料代をお支払いください(100~400円ほど)
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、ちらしをご確認ください。
この講座は9カ月9回コースの第1期です。

講師詳細

木村 太郎(キムラ タロウ)
2007年、大阪芸術大学大学院博士課程修了。2012年からピサ大学美術史学科留学(イタリア政府給費留学生)。専門はイタリア・バロック絵画史。著書に『カラヴァッジョを読む-二点の通称《洗礼者聖ヨハネ》の主題をめぐって』(三元社、2017年)。