パッチワーク・キルト・創作研究A

  • 荒金 敦(Quilt creators Rebirth)
講師詳細

花・星などの伝統的なパターンを使い、額装品やクッション、手提げバッグなどに仕立て上げていきます。独自のピースワーク手法を習得した後は、型紙をおこすために必要な製図から始めて、中型のキルト制作へ入っていきます。特別な道具やミシンなどを利用せず、簡単な裁縫道具だけで始められます。ひと針ひと針に思いを込めて、自分自身や大切な人へ一枚のキルトを贈りませんか。

2020作品展に向けてのblog「すずめの針しごと」
https://sparrowquilters.blogspot.com/

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/10/7, 11/4, 12/2
曜日・時間
第1週 月曜 10:30~12:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,570円 
その他
窓口でお手続きの方は、ちらし28をご確認ください。

講師詳細

荒金 敦(アラガネ アツシ)
1964年神戸市生。早稲田大学東洋哲学科を中退後、サチパッチワークの後継者として修習を始める。その後、大阪府立婦人会館のパッチワーク講習会で講師として指導を開始。サチパッチワークの著作物、作品のデザインをすべて担当。86年より朝日カルチャーセンターにて製図を指導。96年よりPCによる製図方法を独自に開発導入。デザイン画を正確かつ美麗化することが可能になる。2006年、荒金サチ子の主宰引退に伴い、神戸サチパッチワークキルト代表に就任。