ミモザと季節の植物のリース

  • 佐々木 木綿(Jcotton)
講師詳細

春の到来を知らせる花木として広く愛されるミモザ。その花の特徴は、ポンポンのような球形の黄色い花が枝先に房のように咲きます。やさしい色合いや形を自然に近い状態で残しながら丁寧に乾かした、講師オリジナルの季節のドライフラワーとミモザを使い直径18センチのリースを作ります。春の到来を一足先に感じましょう。

※直径約18cm、材料費4,000円
※写真はイメージです

お申し込み

注意事項

お申し込み、キャンセルなどは花材の準備上、2月22日(月)正午までになります。以降はお問い合わせください。

日程
2021/2/27
曜日・時間
土曜 10:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,410円
設備費(税込)
110円
持ち物など
作品持ち帰り用の袋
その他
※窓口でお手続きされる方は、生け花、香道10のチラシをご確認ください。
※材料費は当日教室内でのお支払いになります(4,000円・税込)
※サイズ → 直径18cm
※講師が採取したり、購入した植物を自然乾燥させた素材を使用しますので、出来上がった作品は、作品例とは色合いや花材が異なります。あらかじめご了承ください。
※掲載写真はイメージです。
※材料準備の都合上、お申込みは1週間前の締切とさせて頂きます。(以降はお問い合わせください)

講師詳細

佐々木 木綿(ササキ ユウ)
19年前、ポプリとの出会いをきっかけに、季節の植物を採取し、乾燥させたものを素材にして、リースやブーケ、コサージュなどを作り、指導もしている。