よろず文章塾<入門> (6ヵ月コースの後半)

  • 吉橋 通夫(児童文学作家)
講師詳細

「物語を書いてみたい」「折にふれて感じたことを書き留めたい」「文章で自分を表現したい」と思っても、どのように書けばいいのか、書き始めたもののこれでよいのかなど、迷いで筆が進まないということはありませんか? ペン1本でどんな世界や日常も描き出すことができますが、それには基礎となる文章力が必要です。小説・エッセイ・自分史・紀行文・児童文学など、なんでもござれ。実習と添削を通して、あらゆるジャンルに通用する「ほんまもんの文章力」の養成をめざします。自分の書きたいことが上手に読み手に伝わるように、6ヵ月のカリキュラムで文章の書き方を一歩ずつ学んでいきましょう。今期は後半の6ヵ月です。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申し込み
日程
2021/1/22, 2/5, 2/19, 3/5
曜日・時間
金曜 10:00~12:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 11,880円 
持ち物など
筆記用具、400字詰原稿用紙(A4判かB4判、A4判は教材コーナーで販売あり)
その他
窓口でお手続きの方は、ちらしをご確認下さい。今期は6ヵ月コースの後半です。

講師詳細

吉橋 通夫(ヨシハシ ミチオ)
1944年生。法政大学文学部卒業。日本児童文学者協会賞、野間児童文芸賞などを受賞。著書に『なまくら』『小説鶴彬』『風の海峡』『風雲のペン』ほか多数。