民族学の父ヘロドトス 狼男

  • 奥西峻介講師
  • 奥西 峻介(大阪大学名誉教授)
講師詳細

歴史の父ヘロドトスは、「民族学の父」とも呼ばれます。その著書『歴史』は、ペルシア戦争の経緯を述べたものですが、関わった地域の諸民族の文化や伝承についてヘロドトス自身が現地に赴いて集めた情報も多く、世界最初の民族誌と言えるものだからです。今となっては貴重な記録となった記述から興味深いテーマを取り上げ、検討したいと思います。今回は、第4巻105節「狼男」をお話しします。

この講座は終了しました
日程
2019/8/31
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,916円 一般 3,456円
その他
窓口でお手続きされる方は、9番のちらしをご覧ください。

講師詳細

奥西 峻介(オクニシ シュンスケ)
1946年生。京都大学大学院博士課程中退。比較民俗学、イラン学を専攻。著書に『遠国の春』、共著に『ペルシア民俗誌』『アジア女神大全』、訳書に『邪視』『ゾロアスター教』ほか。