死ぬまでボケない「健脳」養生法 人生の幸せは後半にあり

  • 帯津良一講師
  • 帯津 良一(帯津三敬病院名誉院長)
講師詳細

人生100年時代。50歳からが実りを収穫する時期ですが、老化が忍び寄ってくるのもこの年代です。老化といかに付き合うか。「健脳」養生法とは、身体を労り、病を未然に防ぐ守りの養生ではなく、攻めの養生です。病気にならないよう、びくびく生きるのではなく、心をときめかせながら、いつか来る旅立ちの瞬間まで、人生を謳歌しましょう。健脳のポイントの一つは「粋に生きること」。思いやりの心を持ち、コミュニケーション能力を高めましょう。今年83歳になる講師が自身の体験をもとに、老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイスエイジング」について語ります。いつでもどこでも実践でき、体と心を強くする“帯津流3分間呼吸法”もご紹介します。
会場:「アサコムホール」中之島フェスティバルタワー12階
アクセスはこちらをご覧ください⇒https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/welcome_naka

お申し込み
日程
2019/12/7
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,630円
その他
受付で手続きの方は、別紙ちらしと会場へのアクセス案内をお渡しします。会場は中之島フェスティバルタワー12階アサコムホールです。(13時開場予定)

講師詳細

帯津 良一(オビツ リョウイチ)
1936年埼玉県生まれ。東京大学医学部を卒業、東京大学附属病院第三外科、都立駒込病院外科医長を経て、1982年帯津三敬病院を設立、医学博士。日本外科学会、日本東洋医学会、日本癌治療学会などに所属、日本ホリスティック医学協会名誉会長。日本ホメオパシー医学会理事長などを務める。主な著書に『達者でポックリ。』(東洋経済新報社)『今日よりも、よい明日』(角川SSコミュニケーションズ)『9割の病気は食事で防げる』(中経出版)『呼吸はだいじ 「ゆっくり吐いて吸う」は、最高の健康法』(マガジンハウス)『医者が書いた死ぬまで元気に生きる知恵』(中経出版)『粋な生き方 病気も不安も逃げていく「こだわらない」日々の心得 』(幻冬舎ルネッサンス)『60歳からの「攻めの養生」: 達者名人に学ぶ「いい生き方・いい逝き方」』(三笠書房)『不養生訓 ときめきのススメ』(山と渓谷社) 『貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意』(朝日新聞出版) ほか多数。