大人のための新しい世界史
  • 教室開催

  • 佐々木 利昌(元大阪府立北野高校教諭)
講師詳細

 「18世紀初頭~19世紀前半のロシア史を取り上げます。ピョートル1世の西欧化政策をエカテリーナ2世がどのように継承したか。西欧的近代化の必要性とロシアの後進性の現実の中で、彼女はどのような政治的選択を行ったか。彼女の死後、ナポレオンのロシア侵攻によって、ロシアはどのような政治的社会的課題に直面したか。ピョートル1世からデカブリストやプ-シキンの登場までを扱います。」

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました
日程
2021/10/14, 10/28, 11/11, 11/25, 12/9, 12/23
曜日・時間
第2・第4 木曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,160円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
参考書を使用します。「グローバルワイド最新世界史図表」(第一学習社)※大手書店にてお買い求めください。

※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きの方は、歴史31のちらしをご確認下さい。
※現在満席です。新規でご希望の方はキャンセル待ちでお伺いします。

講師詳細

佐々木 利昌(ササキ トシマサ)
1985年から98年まで北野高校教諭、08年大阪教育大付属高校池田校舎退職。