• 見学可

義太夫三味線(文楽)

  • 野澤 錦糸講師
  • 野澤 錦糸(文楽協会技芸員 五世)
  • 豊澤 雛文(義太夫節保存会会員)
講師詳細

大阪で生まれ、庶民に親しまれて育った伝統芸能・人形浄瑠璃文楽。「大夫」「三味線」「人形」という文楽の三本柱=三業の中で、三味線は重要な役割を担っています。情感あふれる演奏を目指し、三味線の弾き方を基礎から学ぶ初心者向けの講座です。(三味線と道具一式は教室内で貸し出します。)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

受付一時中止
日程
2020/1/7, 1/21, 2/4, 2/18, 3/3, 6/30
曜日・時間
第1週・第3週 火曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 26,400円 
設備費(税込)
1,320円
持ち物など
・筆記用具  ※三味線と道具一式は教室内で貸し出します※
・資料をお配りする際は1枚につき20円のプリント代をいただいております
その他
窓口でお手続きされる方は、30番のちらしをご確認ください。
※3/17の補講は6/30に行います。

講師詳細

野澤 錦糸(ノザワ キンシ)
1957年生。国立劇場文楽第3期研修生修了後、四世野澤錦糸に入門、野澤錦彌を名のる。98年五世野澤錦糸を襲名。芸術選奨文部科学大臣賞、2011年日本芸術院賞、2013年紫綬褒章など他受賞多数。
豊澤 雛文(トヨサワ ヒナフミ)
1987年豊澤雛代に入門、豊澤雛文と名のる。1988年人形浄瑠璃因協会女子部公演において、「増補忠臣蔵」本蔵下屋敷の段の琴で初舞台。2007年野澤錦糸の預かりとなる。2008年度、咲くやこの花賞(演劇・舞踊部門)受賞。2015年義太夫節保存会会員となり、同年、重要無形文化財「義太夫節」総合指定保持者認定。