生命を考える(3) 1日体験 ベルクソン
  • 教室開催

  • 講師写真
  • 秋富 克哉(京都工芸繊維大学教授)
講師詳細

生命論の第三弾として取り上げるのは、「未来世代に対する責任」の倫理で有名なユダヤ系哲学者ハンス・ヨナスです。『生命の哲学 ― 有機体と自由』に収められている論考をもとに、独特な有機体的生命観、および関連する哲学的諸問題を検討するとともに、今日の環境倫理の嚆矢ともなった倫理思想にも触れたいと思います。

◇体験すると入会金が半額に◇
  体験をご受講後、3か月以内に定期講座「生命を考える」にお申し込みいただくと、入会金が半額(通常5,500円→2,750円)になります。詳しくは窓口かお電話でおたずねください。

この講座は終了しました
日程
2021/10/2
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,080円
持ち物など
※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
その他
窓口でお手続きされる方は、4番のちらしをご覧ください。

講師詳細

秋富 克哉(アキトミ カツヤ)
1962年生。京都大学文学部哲学科、同大学院文学研究科博士後期課程学修退学。ミュンヘン大学留学などを経て現職。文学博士。著書に『芸術と技術 ハイデッガーの問い』(創文社)、共編に『ハイデッガー「存在と時間」の現在』(南窓社)など。