日本人と呪いの作法 【教室受講】

  • 斎藤 英喜(佛教大学教授)
講師詳細

【教室講座をZoomで同時配信するハイブリッド型でおこないます】

最近は、罵詈雑言飛び交うTwitterの炎上など、他人を傷つける行為が問題となっています。それは現代における「呪い」の一種とも考えられます。その一方で『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』などのマンガやアニメが大流行し、「呪術」の世界に多くの関心が集まっています。この講座では、なぜ人は、人を呪うのか、そこにはどんな作法があるのか、陰陽道や修験道の呪術の歴史や高知県の「いざなぎ流」という民間信仰の世界に分け入りながら、考えてみたいと思います。

この講座は終了しました

注意事項

教室講座をZoomで同時配信するハイブリッド型でおこないます。オンラインをご希望の方はこちらからお申し込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/e6678b51-1877-cc0b-0f54-6087b1eecaa6

日程
2021/7/10
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,300円
設備費(税込)
110円
その他
窓口でお手続きされる方は、ちらしをご確認ください。
資料代を当日教室でお支払いください。

講師詳細

斎藤 英喜(サイトウ ヒデキ)
1955年生。日本大学大学院博士課程単位取得退学。椙山女学院大学短期大学部助教授を経て現職。