『古事記』神話の世界へ 1日体験
  • 教室開催

  • 渡部 亮一(立命館大学非常勤講師)
講師詳細

神々によって日本列島が産み落とされ、出雲神話を経てアマテラスの子孫に受け渡されていく…。太安万侶が記したという『古事記』には、古代日本で伝承されていた豊かな神話世界が詰まっています。個々に知られた神々やエピソードを、本講座では一つにつなぎながら読み解きます。


2022/04/16 『古事記』誕生の謎と世界の始まり
太安万侶が記したとされる『古事記』は、その序文の信頼性も含めて、謎の多い書物です。そして同時期に成立した『日本書紀』とは、冒頭部分、つまり世界の始まりから異なっています。日本列島が未だクラゲナス漂っていた時代を読み解きましょう。

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2022/7/16
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,520円
その他
窓口でお手続きされる方は、文学8番のちらしをご確認ください。
2020年7月から火曜→土曜に変更になりました。

講師詳細

渡部 亮一(ワタナベ リョウイチ)
1970年生。立命館大学文学研究科博士課程修了。日本古代の説話や仏典注釈、万葉集などを専門とする。また花にまつわる文化史を長年にわたり雑誌連載中。古い地誌を手に、国内や台湾の街歩きも続けている。