『大阪24区物語』出版記念講座 24の区が語る「いちばん身近な大阪の歴史」

  • 22区時代の大阪
  • 本渡 章(作家)
講師詳細

明治初めに生まれた4つの区が13区、15区、22区、26区、24区へと変遷した道のりは、そのまま大阪の150年余にわたる足跡の記録です。区は暮らしの足元の歴史の生き証人。人口減少時代に突入した今、揺れ動く区の未来を考えるためにも、24区の物語に耳を傾けたいものです。
講座では明治~大正~昭和の地図もご覧いただきます。

お申し込み
日程
2021/5/19
曜日・時間
第4週 水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
その他
資料を配布する場合は、コピー代実費をいただきます。
窓口でお手続きされる方は、歴史 46のちらしをご覧ください。

講師詳細

本渡 章(ホンド アキラ)
1952年生。放送大学卒。日本文芸家協会会員。1996年第3回パスカル短編文学新人賞優秀賞受賞。著書『大阪古地図むかし案内』『続大阪古地図むかし案内』など。