吉野塾・吉野山の聖徳太子信仰 竹林院・金峯山寺の太子像から探る

  • 講師 池田 淳
  • 池田 淳(元吉野歴史資料館館長)
講師詳細

修験道の根本道場である吉野山ですが、一方では、いろいろな聖徳太子像や関係する伝説も伝えられています。金峯山寺本堂内に祀られる重文木造聖徳太子立像は、鎌倉時代に造立された名品です。今回は、吉野における聖徳太子信仰について考えてみます。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました
日程
2019/9/9
曜日・時間
月曜 10:30~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,500円 一般 6,500円
持ち物など
9月9日(月)10:30近鉄吉野線「吉野」駅改札口前集合(14:30頃解散予定)
会員・一般とも6,500円(昼食代を含む。・交通費は各自負担となります。)
その他
現地案内あり。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、Eメールまたは郵送でお送りします。)■開講日以降の受講料はご返金できませんのでご了承ください。  

講師詳細

池田 淳(イケダ キヨシ)
1958年生。1991年より吉野町教育委員会事務局に勤務し、文化財行政を担当。現在、教育委員会事務局主幹兼吉野歴史資料館館長。論文に「吉野水分神社における御田の組織と演者」などがある。