アリスのことば学―不思議の国の謎解き―
  • 教室開催

  • 沖田 知子(大阪大学名誉教授)
講師詳細

『不思議の国のアリス』(Alice’s Adventures in Wonderland) が今なお子どもや大人にも愛される一因は、オックスフォード大学の数学講師であった作者ルイス・キャロルのことばと論理の遊びにあります。ことばとそこに込められた心との関係を立体的に読み解く「ことば学」の観点から、キャロルの仕掛けた英語の遊びの謎解きに挑戦してみましょう。
(2021年4月より開講、今期で完結いたします)

【カリキュラム】
7/9 第7回 「VII. 無茶会」:無茶会の無茶ぶり
7/23第8回 「VIII. クイーンのクロッケー場」:「白を赤に」「生を死に」する仕掛け
7/30第9回 「IX. 海亀フゥーの話」:公爵夫人の講釈と海の学校のことば遊び
8/27第10回 「X. ロブスター・カドリール」:詩のことばが変わる不思議
9/10第11回 「XI. 誰がタルトを盗んだか?」:見せ掛けの裁判の仕掛け
9/24第12回 「XII. アリスの証言」:不思議の国の夢の終わりと夢解き

この講座は終了しました

注意事項

資料を配布する場合は、コピー代実費を当日にお支払いいただきます。

日程
2021/7/9, 7/23, 7/30, 8/27, 9/10, 9/24
曜日・時間
第2週・第4週 金曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 一般 19,800円
設備費(税込)
660円
持ち物など
講義は日本語です、語学ではありません。中学生レベルの英語の知識があればどなたでもご参加できる内容です。
2021年4月期より開講、2021年9/24で完結します。
その他
窓口でお手続きの方はちらし文学39をご確認ください

講師詳細

沖田 知子(オキタ トモコ)
大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。共著に『アリスの英語―不思議の国のことば学』(研究社)、『アリスのことば学―不思議の国のプリズム』(大阪大学出版会)など。