【教室受講】イタリア美術で学ぶ「モチーフ」の意味 (4~6月 前半3回)
  • 教室開催

  • 木村太郎講師
  • 木村 太郎(大阪芸術大学・神戸女学院大学非常勤講師、美術史家)
講師詳細

小鳥を携えた貴族。ブドウを抱えた聖母。イタリアをはじめとする西洋の美術作品には、動物や植物、果物など、さまざまな「モチーフ」がよく登場します。作品を鑑賞するとき、これらは単に画面に彩りを与える飾りとして見逃されてしまうことが多いですが、実は作品に深みや奥行きを与える何らかの意味を担っている場合がよくあります。
たとえば、ブロンツィーノが描いた《ヒワを持つジョヴァンニ・デ・メディチの肖像》の幼児は、手に小鳥(ヒワ)を持ち、赤いサンゴのペンダントを身に着けていますが、これらのモチーフはいずれもキリストの受難と死を意味するもので、そこからは彼が将来キリスト教の聖職者になることをこの歳ですでに期待されていた事実が見えてきます。
こうした「モチーフ」の意味を知ると、美術作品を鑑賞する時間はよりいっそう面白く豊かなものになります。作品を「見る」だけでなく「読む」こともできるようになるからです。この講座では、イタリアの多彩な美術作品を取り上げながら個々の「モチーフ」がどのような意味を持つのかを学びます。

※こちらは【中之島教室での受講】のお申し込みページです。お間違いのないようにご注意ください。

テーマ
第1回 動物①-犬、猫、サルなど、実在の動物に隠された意味
第2回 動物②-ユニコーン、竜、メドゥーサなど、架空の動物に隠された意味
第3回 動物③-ワシ、鳩、クジャクなど、鳥類に隠された意味

※第4回以降は、2022年7~9月期に開講予定です。
第4回 植物と果物-ユリ、バラ、ブドウなどに隠された意味
第5回 その他のモチーフ①-矢、鎌、車輪などに隠された意味
第6回 その他のモチーフ②-仮面、鏡、楽器などに隠された意味


◆オンライン受講のお申し込みページはこちら
https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/ca069671-602e-9642-b625-61f51bdb1a96

この講座は終了しました

注意事項

オンライン受講ご希望の方は別ページからお申し込みください。(お申し込み後の変更は手数料を申し受けます)
https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/ca069671-602e-9642-b625-61f51bdb1a96

日程
2022/4/12, 5/10, 6/14
曜日・時間
第2週 火曜 10:00~11:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,900円
設備費(税込)
330円
持ち物など
持ち物:筆記用具 ◇当日資料代をお支払いください(カラー:400~600円ほど)
※設備費は、教室維持費です。
その他
★今期から開講時間が10時~に変わります。  ・窓口でお手続きされる方は、ちらしをご確認ください。
・この講座は6カ月コースの前半です。

講師詳細

木村 太郎(キムラ タロウ)
2007年、大阪芸術大学大学院博士課程修了。2012年からピサ大学美術史学科留学(イタリア政府給費留学生)。専門はイタリア・バロック絵画史。著書に『カラヴァッジョを読む-二点の通称《洗礼者聖ヨハネ》の主題をめぐって』(三元社、2017年)、共著に『天空のアルストピア-カラヴァッジョからジャンバッティスタ・ティエポロへ』(ありな書房、2021年)。