アリスのことば学2―鏡の国の謎解き―
  • 教室開催

  • 沖田 知子(大阪大学名誉教授)
講師詳細

【講座紹介】
『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass and What Alice Found There)では鏡とチェスのモチーフのもと、『不思議の国のアリス』とはまた違った趣でことばと論理の遊びが展開されています。ことばとそこに込められた心との関係を立体的に読み解く「ことば学」の総合的な観点から、キャロルの仕掛けた英語の遊びの謎解きに挑戦してみましょう。 

【カリキュラム】
第1回(10月8日)
「Ⅰ.鏡の家」:二人のアリスと鏡の国の見聞録の始まり
第2回(10月22日)
「Ⅱ.生き花の庭」:比較するにもほどがあり
第3回(11月12日)
「III. 鏡の昆虫」:名前と指示するもの
第4回(11月26日)
「IV. トウィードルダムとトウィードルディー。」:どっこいどっこい
第5回(12月10日)
「V. 羊毛と水」:時を遡って生きる

中途受講はできません

お申し込み

注意事項

資料を配布する場合は、コピー代実費を頂戴します。

日程
2021/10/8, 10/22, 11/12, 11/26, 12/10
曜日・時間
第2週・第4週 金曜 10:30~12:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 一般 16,500円
設備費(税込)
550円
持ち物など
講義は日本語です、語学ではありません。中学生レベルの英語の知識があればどなたでもご参加できる内容です。
定期講座は2021年10月期より2022年3月まで計10回を予定しています。
その他
窓口でお手続きの方はちらし文学39をご確認ください

講師詳細

沖田 知子(オキタ トモコ)
大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。共著に『アリスの英語―不思議の国のことば学』(研究社)、『アリスのことば学―不思議の国のプリズム』(大阪大学出版会)など。