広くて深いオペラの魅力 『エジプトのジューリオ・チェーザレ』― 痛快!バロック・オペラの大傑作

  • 丸山 幸子(エットレ・バスティアニーニ研究会代表、オペラ研究家)
講師詳細

『エジプトのジューリオ・チェーザレ』の面白さについて。ジュリアス・シーザーがクレオパトラと出会い、戴冠させるまでの物語です。歴史背景や実在の登場人物たちと音楽をわかりやすく解説し、ヘンデルの魅力溢れるアリアや重唱の名場面を名歌手で楽しみます。

①9月23日
『エジプトのジューリオ・チェーザレ』は美しく親しみやすい曲が多く、数多いヘンデルオペラの中で、また全バロック・オペラの中でも抜群の人気作です。有能なシーザーがクレオパトラを支援する姿が、明るく人間的に描かれ、また、その音楽に魅了されます。

カリキュラム
9月 ヘンデル『エジプトのジューリオ・チェーザレ』

お申し込み

注意事項

7月期は9/23のみです。

日程
2020/9/23
曜日・時間
第4週 水曜 13:30~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,300円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です 
その他
受付窓口でお手続きの方は、ちらし11をご確認ください。

講師詳細

丸山 幸子(マルヤマ サチコ)
オペラ講演は主にエットレ・バスティアニーニ研究会で15年積み重ね、現在も継続。京都ヴェルディ協会では2018年まで10数年に亘った。他の音楽団体でも詳細レジュメ付オペラ講演を行い、掲載文多数。オペラの音楽や場面だけでなく、歴史、文学と関連する多様な作品の背景を易しく解説し、また詳しいレジュメで好評を得ている。