動物は走る・飛ぶ・泳ぐ~本川達雄の生物学 (オンライン講座、全4回)
  • オンライン講座

  • 本川達雄さん
  • 本川 達雄(東京工業大学名誉教授)
講師詳細

動く物と書いて動物。動物のもっとも動物らしいところは動くところです。オリンピック選手のすごさには驚嘆させられましたね。でも走る・跳ねる・泳ぐにしても、ボルダリングをやるにしても、人間のずっと上を行く動物たちがいるし、人間にはできない空を飛ぶものもいます。動物が体を運ぶ運動を移動運動と呼びます。動物たちの移動運動の仕組みを、歩く、飛ぶ、泳ぐに分けて見ていきましょう。最終回では動くためのエンジン=筋肉についてお話しします。

第1回 10/30 「歩く・走る」 ・・・ 陸上の脊椎動物はみな4本の肢を振り動かして移動しますね。なぜ肢を振るのでしょう、なぜ4本なのでしょう? なぜ肢は途中に関節があり、1本の棒ではないのでしょう。そして肢先に行くほど骨は細く数が多くなり、先端では扇のように開いているのはなぜでしょう? 車も自転車も、みな車輪を回して走りますね。でも車輪を使う動物はいません。なぜでしょう? こういう疑問に答えながら、動物の歩く・走るメカニズムに迫ってみたいと思います。

第2回 11/27 「飛ぶ」 ・・・ 自力で空に舞い上がれるのは脊椎動物(鳥とコウモリ)と昆虫だけ。昆虫は全生物の種数の半分、鳥は陸の脊椎動物の種数の1/3を占めています。飛べば圧倒的に有利になる証拠でしょう。空気を押して進むのと陸を押して進むのでは、勝手が大いに異なります。陸のように硬い物なら、足で押せば、押したと同じ力で前に進めますが、空気や水(まとめて流体と呼ぶ)は、押してもさらさら流れてしまい、工夫をしないと押して前に進むことはできません。飛ぶことを可能にしている仕組みを
見ていきます。

第3回 12/25 「泳ぐ」 ・・・ 動物は進化の歴史の長い期間、水の中だけで暮らしてきました。今でも顕微鏡的なサイズの生物はみな水の中におり、少なくとも一生のある時期には泳いでいます。ヒトも精子という“体”の小さい時期には泳ぎますね。このように泳ぎには体の大きさが大きな影響を持ち、大きさで変わる泳ぎ方の違いを説明します。また、サイズの大きなものの泳ぎには、櫂を使うものと翼を使うものとがあり、魚やクジラがヒレをどのように翼として使って“水中を飛ぶ”のかを見ていきましょう

第4回 1/22 「筋肉:動くためのエンジン」 ・・・ 筋肉の塊は細長い細胞からできており、細胞中にはミオシンというタンパク質でできた繊維とアクチンというタンパク質でできた繊維とが細胞の長軸方向に並んでぎっしりと詰まっています。この2種の繊維同士が滑り合うことにより、収縮しながら力を出します。これはどの筋肉でも同じなのですが、ゆっくり縮むが疲れにくい筋肉、すばやく縮むがすぐに疲れる筋肉という違いがあり、それらは細胞内でのエネルギーの生み出し方、神経支配の受け方、筋肉中での細胞の並び方等々、用途に適したものになっています。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline009@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です(講師はオンライン)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline009@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/30, 11/27, 12/25, 1/22
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 13,332円 一般 13,332円

講師詳細

本川 達雄(モトカワ タツオ)
1948年生。東京大学理学部生物学科卒。琉球大学助教授などを経て、2014年まで東京工業大学教授。生物学者。棘皮動物の研究者。著書に『ウニはすごいバッタもすごい』(中公新書)、『ナマコガイドブック』(cccメディアハウス)、『ウニ学』(東海大学出版会)、『ゾウの時間ネズミの時間』(中公新書、88万部を超えるベストセラー/ロングセラー)などがある。歌で生物学を教えるシンガーソングライターバイオロジストとしても知られCD3枚付き参考書『歌う生物学必修編』(cccメディアハウス)も出している。