禅のこころ 白隠禅師 坐禅和讃を読む
  • 教室開催

  • 則竹 秀南(京都・妙心寺山内霊雲院住職)
講師詳細

駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠と、古人がうたっておるが、日本一の富士山とならび称せられる名僧白隠禅師の坐禅和讃について、皆様と共に一語一句勉強しましょう。禅師は信仰深いお母さんのもとで成長し、佛の道に入り佛の教えを学び、後に禅の究極をきわめて、民衆と共に生涯を過ごした近世日本禅の第一人者です。特にこの坐禅和讃はわかり易く説かれていて、しかも私達の心び底深くまでひびく、尊い教えです。この教えをよく味わって混乱する現代、心の豊かな日常生活を人々と共に過ごしましょう。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/10/15, 10/29, 11/19, 12/3
曜日・時間
第1週・第3週 金曜 10:30~12:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 11,440円 
設備費(税込)
440円
持ち物など
2021年10月期は4回です
※設備費は、教室維持費です。

その他
窓口でお手続きされる方は、ちらし人間11をご覧ください。

講師詳細

則竹 秀南(ノリタケ シユウナン)
1937年台南市生まれ。1960年花園大学卒業後、神戸祥福寺僧堂へ掛塔し、山田無文老師の下で15年の長きにわたり修行、無文老師の印可を受け、その法を嗣ぐ。1985年京都妙心寺霊雲院住職となる。霊雲院国際禅交流友好協会(IZEFA)会長も務め、その活動を通じ、2008年タイ・マハチェラロンコン大学より、タイの仏教との親善交流が認められ、会を代表して、タイ・サンガの最高位ソムデット・プラの敬称で呼ばれるブッダカルヤ猊下から名誉博士号の学位号が手渡された。また、同年中国佛教協会から「中日佛教友好使者」、中国仏学院から名誉教授の称号を授与される。著書に「禅―迷わずまっすぐ」「CDブック 幸せのうた」(いずれも春秋社)