【教室受講】漢詩を味わう 芳草を詩題にする唐代の漢詩
  • 教室開催

  • 森 博行(大阪大谷大学名誉教授)
講師詳細

今期のテーマは「芳草を詩題にする唐代の漢詩」です。「芳草」も屈原(前4C~前3C)の「離騒」を起源としますが、晩唐・五代(9C~10C)になると、「芳草」を詩題にする漢詩が急増します。このような状況の中で、「○草」のうち「芳草」が9/11の羅鄴(らぎょう)と19/19の李中の「芳草」の詩を、別に取りあげて読みます。

◇初回に1日体験できます◇
  講座内容をご確認いただくために、初回に1日体験を設けております(受講料:会員2,860円 一般3,190円)。ホームページか窓口、お電話で事前にお申し込みください。

(7月)
黄滔(こうとう 生卒年不詳 晩唐五代)
虚中(きょちゅう 生卒年不詳 晩唐五代)
(8月)
孫魴(そんぼう 生卒年不詳 五代)
扈載(こさい 九二二~九五七 五代)
羅鄴(らぎょう 八三一?~八九六? 晩唐)
(9月)
羅鄴「宮中二首・その1」
李中(りちゅう 生卒年不詳 晩唐五代)「春日途中作」

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/e08ad108-770e-7917-7224-62540c589275

教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2022/7/1, 8/5, 9/2
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,580円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

森 博行(モリ ヒロユキ)
1948年生。京都大学卒業、同大学院博士課程満期退学。博士(文学)。著書『夕日と芳草-中国古典文学論集』、『詩人と涙-唐宋詩詞論』(日本図書協会選定図書)、『角川世界史辞典』(唐代詩人の一部)など。