人体の比率と立体感~裸婦デッサンで学ぶ

  • 中井 英夫(新制作協会会員)
講師詳細

人物をより人物らしく描くには、人体の構図のとり方とプロポーションの正確な描写力を身につけることが大切です。講座では、ヌードモデルを観察し、木炭デッサンで形の捉え方、陰影の付け方、立体感の出し方を学びます。はじめの40分ほどは講義と基本事項の説明をします。デッサンスケール、はかり棒は貸し出します。 (モデルは120分、最少開講人数5名)

お申し込み
日程
2021/2/17
曜日・時間
水曜 13:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,380円 一般 6,710円
設備費(税込)
110円
持ち物など
【持ち物】 木炭紙(MBM)、木炭(伊研no.200)、練り消しゴム、ガーゼ ※お持ちの方はフィキサチーフ、はかり棒(計測に使う針金状の長い棒) ※木炭紙、木炭、練り消しゴム、フィキサチーフは予約販売します。
※受講料にモデル代を含みます
その他
受付窓口にてお手続きの方は、ちらしをご確認ください。

講師詳細

中井 英夫(ナカイ ヒデオ)
1975年関西学院文学部美術科卒、1990年第33回安井賞展、1991年第34回安井賞展、1992年と1995年前田寛治大賞展佳作賞受賞、1997年新制作展新作家賞受賞、第40回安井賞展、1999年新制作協会会員推挙、2000年文化庁現代美術選抜展。