藤原辰史・真藤順丈 特別対談<オンライン> 「復帰」50年、沖縄出身ではない私たちが語るべきこと
  • 教室・オンライン同時開催

  • 真藤順丈
  • 藤原 辰史
  • 真藤 順丈(作家)
  • 藤原 辰史(京都大学人文科学研究所准教授)
講師詳細

読者を熱狂させた直木賞受賞作『宝島』の作者、真藤順丈さんが本シリーズ六人目のゲストです。米軍基地の物資を盗み出し、困窮の暮らしを生きる仲間にそれを横流しする「戦果アギヤー」の少年たちを、琉球の言葉で、まるで踊り、歌うように描きました。そして、本土の人間に問いかけます。あなたはどうして沖縄の魂から逃げてばかりなのか。その地響きのような物語に打ちのめされたという歴史学者の藤原辰史さんが、沖縄出身ではないからこそ沖縄を熱く深く描いた真藤さんの表現の真髄に迫ります。
【共催:朝日新聞社】

【オンライン講座】は、後日動画(1週間限定配信)視聴が可能です。
★★〈オンライン講座注意事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。 
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の5日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は asaculonline009@asahiculture.com までご連絡ください。電話の場合は(06-6222-5224)です。以降のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。なお、当日、ご視聴できなかった方も、動画は御覧いただけます。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。 
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。


お申し込み

注意事項

オンラインでの受講申込ページです。対面(リアル)講座をご希望の方は下記からお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/3cf8dcb9-7519-7dcd-cbf1-62b94b0cd154

日程
2022/9/30
曜日・時間
金曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 4,070円
設備費(税込)
-
持ち物など
◆本講座はZoomを使用したオンライン講座として行いますので、当日受講券のご用意などは不要です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。 
◆Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
その他
・キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。締め切り以降のキャンセルはできません。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行います。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。

講師詳細

真藤 順丈(シンドウ ジュンジョウ)
1977年生。2008年「地図男」でダ・ヴィンチ文学賞大賞、「庵堂三兄弟の聖職」で日本ホラー小説大賞・大賞など、四賞同年受賞デビューで大きな話題となる。「宝島」で18年に山田風太郎賞、19年に直木賞受賞。近著に「ものがたりの賊」など。
藤原 辰史(フジハラ タツシ)
1976年生まれ。京都大学人文科学研究所助手、東京大学農学生命科学研究科講師を経て、現職。専門は農業史。主な著作に『カブラの冬』(2011年)、『稲の大東亜共栄圏』(2012年)、『ナチスのキッチン』(2012年、河合隼雄学芸賞、『食べること考えること』(2014年)、『給食の歴史』(2018年、辻静雄食文化賞受賞)、『戦争と農業』(2017年)、『分解の哲学--腐敗と発酵をめぐる思考』(2019年、サントリー学芸賞受賞)など多数。