●日本城紀行~見方、楽しみ方 その7.四国編 オンライン講座
  • オンライン講座

  • 大須城
  • 中井 均(滋賀県立大学名誉教授)
講師詳細

城郭研究の先駆者、中井均講師と周る日本列島お城巡りの旅。本州から四国へ渡り次に訪れたのは、愛媛県の大洲城、新谷陣屋、松山城、宇和島城。藤堂高虎により、近世城郭として整備された大洲城。現在の天守は、戦後初の当時の工法・木造で復元され、現存の櫓とのつながりは新旧の状態を一度に見ることができる。大洲藩から分知された新谷藩の藩庁である新谷陣屋。遺構として、愛媛県指定文化財の御殿麟風閣がある。松山市の中心部、勝山にそびえ立つ松山城は、平山城として、門・櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた連立式天守を構えていた。梯郭式平山城の宇和島城。五角形の
城郭を四角形に見せかける「空角の経始」と呼ばれる縄張りで敵の攻撃をかわしてきた。築城時は城の約半分が海に面している海城で立地と縄張りを巧みに利用した、難攻不落の城といわれていた。これらの城の見どころを画像や写真、資料を用いて解説します。

▶▶▶〈ご案内事項〉◀◀◀
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline009@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/12/6
曜日・時間
火曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,630円
持ち物など
オンライン講座です。
その他
※招待状、資料は12/5、16時50分にお送りしています。以降のお申込みのお客様には、明日12/6開始までにお送りいたします。 悪しからずご了承ください。

講師詳細

中井 均(ナカイ ヒトシ)
1955年生。龍谷大学文学部史学科卒業。米原市教育委員会を経て、現在NPO法人城郭遺産による街づくり協議会理事長。同志社大学講師、龍谷大学講師。専門は日本考古学、特に中近世城郭史。主な著書『近江の城』『彦根城を極める』『カラー版徹底図解日本の城』『日本の城郭鑑賞のコツ65』『山川ムック日本の城』など