【教室受講】オオヤマト・イワレ地域の王墓と集落
  • 教室開催

  • 橋本 輝彦(桜井市教育委員会文化財課課長)
講師詳細

ヤマト王権成立の地とされる纒向遺跡や、箸墓古墳を中心とした纒向古墳群などは一般にも良く知られた存在ですが、纒向遺跡の南北に存在する「オオヤマト」「イワレ」地域では、西殿塚古墳や行燈山古墳(崇神天皇陵)、渋谷向山古墳(景行天皇陵)、桜井茶臼山古墳、メスリ山古墳などの大型古墳ばかりが注目され、周辺に展開する集落遺跡について語られることは多くありません。
本講座では、ヤマト王権の膝元である奈良盆地東南部の王墓と集落をセットで俯瞰し、王権中枢の纒向遺跡とその周辺の集落の様相について考えていきます。

こちらは大阪・中之島教室受講です、アーカイブ動画の配信はございません。

この講座は終了しました

注意事項

大阪・中之島教室でのご受講を承ります。(本講座は教室受講またはオンライン受講のどちらかを選ぶハイブリッド講座です、講師は教室)。オンライン受講は別のリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/6de9447d-78cd-f1a3-71b6-632be78bd540

日程
2022/11/5
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
持ち物など
配布資料がある場合はコピー代実費(1枚20円)をいただきます。
その他
こちらは大阪・中之島教室受講です、アーカイブ動画の配信はございません。

講師詳細

橋本 輝彦(ハシモト テルヒコ)
1969年奈良県吉野郡吉野町生まれ。1992年 奈良大学文学部国文学科卒業。2017年より桜井市教育委員会文化財課課長・桜井市纒向学研究センター統括研究員、現在に至る。研究テーマは弥生時代終末から古墳時代前期にかけての土器や墳墓など。ヤマト王権発祥の地である纒向遺跡の調査を担当し、200次を越える調査の多くに関わっている。主な著書・2000年 『古代「おおやまと」を探る』学生社、共著・2002年 『考古資料大観』小学館、共著・2005年 『大和・纒向遺跡』学生社、共著・2011年 『ヤマト王権はいかにして始まったか』学生社、共著・2011年 『邪馬台国と纒向遺跡』学生社、共著・2011年 『研究最前線 邪馬台国』朝日選書878 朝日新聞出版、共著・2012年 『邪馬台国とは何か 吉野ヶ里遺跡と纒向遺跡』、新泉社、共著・2012年 『邪馬台国をめぐる国々』雄山閣、共著・2013年 『古墳時代の考古学6 人々の暮らしと社会』同成社、共著・2014年 『邪馬台国からヤマト王権へ』(奈良大学ブックレット04)ナカニシヤ出版、共著・2015年 『倭国乱とは何か「クニ」への胎動』新泉社、共著・2017年 『別冊歴史読本 ヤマト』KADOKAWA、共著・2017年 「纒向遺跡と国家形成への道」『歴史REAL最新日本史講座邪馬台国』洋泉社・2018年 『古代の信仰・祭祀』古代文学と隣接諸学第7巻 竹林舎、共著など多数。