シルクロードとイスラム文化  1日体験 奴隷軍人政権ガズナ朝とゴール朝

  • 講師写真
  • 堀川 徹(京都外国語大学名誉教授・同大学特別研究員)
講師詳細

人や文化が行きかい、諸勢力が交錯したシルクロード。シルクロードが通る地域では、現在多くのイスラム教徒が居住しています。イスラムはどのように根付き、どのような文化を生み出したのでしょうか。今期は、奴隷軍人政権時代の成熟したイスラム文化について探求します。
※定期講座と併設です


4月21日(水) はセルジューク朝を支えたイラン系官僚 をテーマにお話しします

この講座は終了しました
日程
2021/4/21
曜日・時間
第3週 水曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,520円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、歴史25のちらしをご確認ください。

講師詳細

堀川 徹(ホリカワ トオル)
1950年生。京都大学卒業。同大学院博士課程中退。京都大学助手、京都外国語大学講師、助教授、教授、同大学国際言語平和研究所長を経て、現在同研究所特別研究員。日本イスラム協会理事。専攻は西南アジア史。主な編著書に『世界に広がるイスラーム』『イスラームの神秘主義と聖者信仰』『知の継承と展開:イスラームの東と西』など。