歴史の道をたどる 10月1回受講(現地講座)

  • 中田紀子講師
  • 中田 紀子(エッセイスト)
講師詳細

古墳ブームが湧きかえる昨今、「百舌鳥・古市古墳群」は世界遺産の登録が確定しました。世界最大の古墳といわれる仁徳天皇陵をはじめ、市民活動で辛くも破壊を免れた「いたすけ古墳」など数基の古墳を巡ります。何時、誰が、何故このような巨大な古墳を築いたのかを、現地にたたずみ考えます。※歩行距離 約8キロ

■集合時間     午前10時00分 (時間厳守)
■集合場所     JR阪和線「百舌鳥(もず)」駅 東改札口
■現地での追加費用 堺市博物館入館料 常設展 200円
■持ち物      弁当・ 飲み物・敷物・雨具の用意など




9月20日(金)10時 阪急 西向日駅 西改札口集合(15時半頃解散予定)
 

お申し込み
日程
2019/10/18
曜日・時間
金曜 10:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 3,630円
持ち物など
【持ち物】弁当、飲み物、敷物、雨具など 歩きやすい服装と靴など、ハイキング支度でご参加ください。なお、杖のある方はお持ちください。
その他
現地案内あり。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、Eメールまたは郵送でお送りします。)開講日以降の受講料の返金はできません。★山道を歩きます。雨天決行。 

講師詳細

中田 紀子(ナカタ ノリコ)
なら新聞社を経て1990年フリーに。以来、文学、歴史(社寺)、古(峠)道、風物を主題に新聞や雑誌に執筆。97年よりNHKラジオ第一放送早朝番組の奈良リポーターを務める。著書に『奈良大和の峠物語』『百職百人京の匠』。共著に『大阪の祭』ほか。