歴史の道をたどる 11月1回受講(現地講座)

  • 中田紀子講師
  • 中田 紀子(エッセイスト)
講師詳細

清水の舞台は二つあった? 京都洛北にある「狸谷山不動院」は、桓武天皇が平安京の鬼門守護として『咜怒鬼(たぬき)不動明王』をこの地に祀ったのが始まりです。鬼をも叱ると言わしめるほどの厳しい不動明王を祀る本堂は、清水寺と同じ懸崖造りです。途中、德川家康が開基の圓光寺に立ち寄り、じっくり紅葉を楽しみます。
※歩行距離 約6キロ

■集合時間  午前10時00分 (時間厳守)
■集合場所  叡山電鉄「一乗寺」駅 改札口
■追加費用(拝観料等) 圓光寺 拝観料500円、狸谷不動院 入山料500円
■持ち物  弁当・飲み物・敷物・雨具の用意など

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2019/11/15
曜日・時間
金曜 10:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 3,630円
持ち物など
【持ち物】弁当、飲み物、敷物、雨具など 歩きやすい服装と靴など、ハイキング支度でご参加ください。なお、杖のある方はお持ちください。
その他
現地案内あり。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、Eメールまたは郵送でお送りします。)開講日以降の受講料の返金はできません。★山道を歩きます。雨天決行。 

講師詳細

中田 紀子(ナカタ ノリコ)
なら新聞社を経て1990年フリーに。以来、文学、歴史(社寺)、古(峠)道、風物を主題に新聞や雑誌に執筆。97年よりNHKラジオ第一放送早朝番組の奈良リポーターを務める。著書に『奈良大和の峠物語』『百職百人京の匠』。共著に『大阪の祭』ほか。