漫画「ニーベルングの指環」におけるキャラクター造形 OIF2020関連講座②(4/1開催より日程変更)

  •  
  • 里中 満智子(マンガ家、大阪芸術大学キャラクター造形学科教授)
講師詳細

数々の名作オペラを題材にした作品でも知られるマンガ家の里中満智子さん。なぜ「ニーベルングの指環」を漫画にしようと考えたのか?神々の長・ヴォータンや愛を捨てた小人アルヴェリヒ、ヴォータンの命令に背く娘ブリュンヒルデなど魅力的なキャラクターや、権力・愛・救済をめぐる壮大な「指環」世界を漫画で描く際の工夫など、“創作の秘密”をお話しいただきます。(聞き手:朝日新聞記者 小原 篤)
「ニーベルングの指環」ハイライト(演奏会形式)(2020年5月30日、フェスティバルホール)の関連講座。受け付けは1月13日(月)から開始します。

会場:アサコムホール(中之島フェスティバルタワー12階)
地図はこちらです⇒https://www.asahiculture.jp/page/nakanoshima/access           
主催:朝日カルチャーセンター、朝日新聞文化財団、朝日新聞社

お申し込み

注意事項

窓口でお手続きされる方は、チラシ別紙とアサコムホール案内図をご確認ください。WEB決済をご利用の方は、上記「講座案内」のリンクから会場案内図をご確認ください。★会場はアサコムホール(中之島フェスティバルタワー12階)です。★開場は18:00を予定しています。当日は受講券をご持参ください。★開講日以降の受講料のご返金はできません。

日程
2020/5/14
曜日・時間
木曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,200円
その他
こちらの講座は、4/1(水)から5/14(木)18:30~20:00に延期になりました。
会場、講座開始時間の変更はありません。

講師詳細

里中 満智子(サトナカ マチコ)
大阪府生まれ。高校在学中に『ピアの肖像』で第1回講談社新人漫画賞受賞、デビュー。代表作に『あした輝く』『アリエスの乙女たち』『海のオーロラ』『あすなろ坂』『狩人の星座』『天上の虹』『マンガギリシア神話』『マンガ旧約聖書』『古事記 壱: 創業90周年企画(マンガ古典文学シリーズ)』など多数。2006年に全作品及び文化活動に対し、日本漫画家協会賞文部科学大臣賞受賞。2010年文化庁長官表彰受賞。日本漫画家協会常務理事、マンガジャパン代表、大阪芸術大学キャラクター造形学科教授なども務める。
『天上の虹』は日本の第41代天皇であり、女帝である持統天皇を描く大河歴史ロマン。1983年に連載を開始し2015年に発売された23巻をもって32年越しに完結を果たしている。