変形性ひざ関節症・老人性難聴・口腔ケアとの付き合い方 大阪中之島ロータリークラブ・朝日カルチャーセンター連携シンポジウム

  • 司会:高島凱夫先生
  • 左から:栗山博道先生、金森市造先生、戸田佳孝先生
  • 金森 市造(金森歯科医院院長)
  • 栗山 博道(医療法人栗山診療所理事長)
  • 高島 凱夫(京橋耳鼻咽喉科 院長・国際ロータリー第2660地区パストガバナー)
  • 戸田 佳孝(戸田整形リウマチ科クリニック院長)
全ての講師
講師詳細

多くの医療講演会では、一つの診療科目の医師が専門分野の話だけをしますが、高齢になると様々な病気が同時に起こってくるので、身体の複数の箇所について不安をお持ちの方もいらっしゃることと思います。今回のシンポジウムでは、地元大阪中之島ロータリークラブ所属の医師・歯科医師らが、年齢の変化で同時に起きやすい、変形性ひざ関節症、老人性難聴、口腔ケアが必要となった状態との上手な付き合い方についてお話しします。健康寿命を延ばし、充実した高齢期を過ごすためのヒントをみつけてください。
※大阪中之島ロータリークラブは、国際ロータリー第2660地区のクラブとして1992年に誕生しました。発足以来、国内をはじめ海外での奉仕活動も積極的に展開し、活発な活動を続けています。


<当日のタイムテーブル>
16:00~16:20  「1日半分のアボカドと筋トレでひざの痛みはラクになる」 戸田佳孝先生
16:20~16:40  「耳の構造と難聴」 栗山博道先生
16:40~17:00  「高齢者の歯の取り扱い説明」 金森市造先生
17:00~17:30  総合討論 司会:高島凱夫先生

お申し込み
日程
2020/9/24
曜日・時間
木曜 16:00~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,300円
設備費(税込)
110円
その他
窓口でお手続きされる方は、別刷りちらしをご確認ください。当日は受講券をご持参ください。

講師詳細

金森 市造(カナモリ イチゾウ)
1970年大阪歯科大学卒業後、大阪本町伊藤忠ビル渡瀬歯科勤務。1972年「次代に伝えたい正しい歯科知識を」を目標に、金森歯科医院開業。
栗山 博道(クリヤマ ヒロミチ)
1995年関西医科大学卒業、同年関西医科大学耳鼻咽喉科学教室入局。1990年関西医科大学医学博士、同年米国ジョージア医科大学、1991~1993年ミシガン大学、1993~2007年関西医科大学耳鼻咽喉科、2007年栗山診療所開業。
高島 凱夫(タカシマ ヨシオ)
1969年 関西医科大学卒業・1973年 同大学大学院修了・1977年 同大学耳鼻咽喉科学講師(1978年 ドイツ ハンブルク市立病院助手併任)・1981年 旧郵政省 大阪北逓信病院耳鼻咽喉科部長・1989年 京橋耳鼻咽喉科 開設
戸田 佳孝(トダ ヨシタカ)
1960年大阪生まれ。1986年関西医科大学卒業、1991年英国王立整形外科病院留学、1992年関西医科大学整形外科大学院卒業、医学博士号を取得。1997年米国タフツ大学に招聘研究員として留学し、肥満と変形性ひざ関節症の関係について研究。1998年大阪府吹田市に貴晶会戸田リウマチ科クリニック(電話06-6387-4114)を開院。開院後も手術をせずに変形性ひざ関節症を治す方法(保存的治療)を研究し続けている。2004年足底板の研究で開業医としては史上ただ一人日本整形外科学会奨励賞を受賞。著書は「9割のひざの痛みは自分で治せる」(KADOKAWA)、「ひざ痛の97%は手術なしで治せる」(マキノ出版)など多岐にわたる。近年ではテレビ出演も数多く、主に「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)、「名医のTHE太鼓判!」(TBSテレビ)などをメインに「ひざ評論家」として活躍している。