糖質の「質」を考える 血糖値スパイクを意識した食生活 【「ヒト」と「科学」を考える~健康‟生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス連続セミナー】

  • 寺田 喜信(江崎グリコ株式会社 健康科学研究所 マネージャー)
講師詳細

ヒトが生きていくうえで欠かせない「食」。しかし、食の「質」がヒトを健康にも不健康にもしてしまいます。近年、肥満や糖尿病との関連で悪者にされることが多い糖質ですが、糖質といってもいくつかの種類があり、「質」が異なります。血糖値の急激な上昇(血糖値スパイク)に着目して、健康に役立つ糖質の「質」について、江崎グリコの研究を紹介しつつ、一緒に考えるきっかけにできればと思います。

★会場:朝日カルチャーセンター中之島教室
 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー18階

お申し込み
日程
2019/12/8
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,200円
その他
窓口でお手続きされる方は、別紙ちらしをご確認ください。開講日以降の受講料のご返金はできません。
※会場は「朝日カルチャーセンター・中之島(中之島フェスティバルタワー18階)です。
※開場は、開始時刻の30分前を予定しています。

講師詳細

寺田 喜信(テラダ ヨシノブ)
1992年京都大学大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻修了。江崎グリコ株式会社入社、生物化学研究所配属。2000年京都大学農学博士。2009年健康科学研究所配置換え(組織変更)。