信長と戦った城
  • 教室開催

  • 中井 均(滋賀県立大学名誉教授)
講師詳細

元亀元年(1570)から信長は浅井長政の居城である小谷城を攻めます。信長は力攻めをせ
ず、付城を築き3年間かけてようやく攻め落とすことに成功します。なぜ一気に攻めなか
ったのでしょうか。それは小谷城が高い山に築かれた堅城であったためです。講座では
小谷城の構造を分析するとともに、信長の城攻めについても分析したいと思います。
2日目は現地に赴き「浅井氏三代の城 小谷城」を見学します。

この講座は終了しました
日程
2021/8/18, 9/29
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,380円 一般 7,040円
設備費(税込)
220円
持ち物など
持ち物【教室】筆記用具 【現地】弁当、水筒、雨具、帽子など
軽登山靴かトレッキングシューズ、歩きやすい服装でご参加ください。
※設備費は教室維持費です。
※教室と現地では講座時間が違います。ご注意ください。
その他
窓口でお手続きされる方は、歴史23ちらしをご覧ください。
現地案内につきましては初回教室内でお渡しします。少雨決行ですが、天候があやしい場合は前日に決定しご連絡します。予備日は未定です。現地までの交通費などは各自でご負担ください。

講師詳細

中井 均(ナカイ ヒトシ)
1955年生。龍谷大学文学部史学科卒業。米原市教育委員会を経て、現在NPO法人城郭遺産による街づくり協議会理事長。同志社大学講師、龍谷大学講師。専門は日本考古学、特に中近世城郭史。主な著書『近江の城』『彦根城を極める』『カラー版徹底図解日本の城』『日本の城郭鑑賞のコツ65』『山川ムック日本の城』など