カラダの不思議と書道の魅力 基礎編  書家武田双鳳withバランストレーナー小関勲

  • 武田講師(左)小関講師
  •  ©双鳳道場
  • ©双鳳道場
  • 小関 勲(バランストレーナー)
  • 武田 双鳳(書道家)
講師詳細

基礎編では「線質」(動作)に着目。たった一本の線にも、カラダの偏りは表れます。手先に頼りすぎる日常の癖は、線の歪みとして表れます。股関節や肩甲骨の過緊張は、線の凹つきとして表れます。どれだけ丁寧に書いても消えない線の不自然さ(無自覚の偏り)を、「ヒモトレ」で整えることで、心地よい「線質」(動作)を引き出します。(武田講師)
表現というのは善悪正誤なくその人らしさではないかと思います。もし正しさや間違いが基準となるならば、そもそも表現という言葉は必要ないのです。つまり、その「らしさ」とは出来上がってしまった答えを外すことにあります。武田先生が書において刮目するカラダを皆さんと一緒に共有できたらと思います。(小関講師)

残席わずか
日程
2019/10/22
曜日・時間
火曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,050円 一般 6,490円
持ち物など
教 材 費:1,500円(半紙、墨汁)指定のもの以外不可
筆レンタル:500円(指定職人こだわりの熊野筆)指定のもの以外不可
(ただし、すでに武田講師の講座をご受講で指定用具をお持ちの方はご持参ください)
下敷きは講師が用意いたします。文鎮、硯はカルチャーセンターの備品を使用していただけます。
◎当日は動きやすい服装でお越しください。
その他
書を書く時は、書初めのように床に半紙を置き書きますので、動きやすい服装をおすすめします。

講師詳細

小関 勲(コセキ イサオ)
小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表、Marumitsu BodyBalanceBoardデザイナー。1973年山形県生まれ。1999年から始めた「ボディバランスボード」の制作・販売をきっかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、緊張と弛緩を含む身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行っている。著書『[小関式]心とカラダのバランス・メソッド(Gakken刊)』平成12~15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ)。平成22~25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)。日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、日本韓氏意拳学会中級教練。WEB site http://www.m-bbb.com/ http://www.kablabo.com/
武田 双鳳(タケダ ソウホウ)
書道家、アーティスト、パフォーマー、ふたば書道会師範。心身のあり方から整える書道教室には、全国各地から150名以上の門下生が集う。