古代語を読み解く 上代特殊仮名遣の違例かと疑われるもの(続)

  • 蜂矢 真郷(大阪大学名誉教授)

 日本の古代のことばについて、国語学の語構成を研究する立場から、いろんな語の表すところに迫ります。今回は、上代(奈良時代およびそれ以前)のことばに使われている「上代特殊仮名遣」に関連して、その違例かと疑われるものとして、『万葉集』の掛詞(とりわけ一方が枕詞のもの)や『播磨国風土記』の地名起源説話という、限られた条件のものでは「上代特殊仮名遣」の違例があり得ることについて解説します。

※8/18にも『古代語を読み解く~上代特殊仮名遣の違例かと疑われるもの』がございます、
ご希望の方は別途お申込ください。

お申し込み

注意事項

※8/18にも『古代語を読み解く~上代特殊仮名遣の違例かと疑われるもの』がございます、
ご希望の方は別途お申込ください。

日程
2021/9/15
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,300円
設備費(税込)
110円
持ち物など
資料を配布する場合はコピー代(実費)を当日にいただきます。
その他
窓口でお手続きの方は歴史38のちらしをご確認ください