からだの教養を高める〜レギュラー

  • 若林 理砂(鍼灸師・アシル治療室院長)
講師詳細

晶文社「決定版・からだの教養12ヵ月」の中から、『からだ稽古編』に収録されている稽古の「1か月目」以降を中心に、時間が許す限り学習します。また、「手当て篇」にあるペットボトル温灸などの手当てについても少し触れます。
こちらの講座は以前行われた「からだの教養を高める〜動くことを中心に」を受講済みの方・「からだの教養を高める〜ビギナーズ」を同日受講なさる方が参加できます。
様々なボディワークの講座や、スポーツの現場で指導される「良い姿勢」とはいったいなんなのか、「無駄な力を抜いてリラックスして」とは、どんな状態を目指すことなのか。考えれば考えるほどうまくいかなくなる……そんな経験はないでしょうか。

本講座では、「カラダのそもそも論」である、姿勢や無駄なチカラ、また、「骨盤を立てる」とはどんな状態なのかを学びます。受講生からのリクエストにもできるだけ応えますので、どうぞ自由にご質問ください。

この講座は終了しました
日程
2019/5/19
曜日・時間
日曜 13:30~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,348円
その他
窓口でお手続きされる方は、ちらし24をご確認ください。当日は受講券をご持参ください。
動きやすい服装でご参加ください。(更衣室はございません)

講師詳細

若林 理砂(ワカバヤシ リサ)
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。東京医療専門学校にて鍼灸免許を取得し、その後早稲田大学第二文学部・思想宗教系専修にて主に宗教を学ぶ。2004年アシル治療室を開設。現在は初診予約を停止しているほどの人気。古武術を学び、現在の趣味はカポエィラ。主な著書に『安心のペットボトル温灸』(夜間飛行)、『その痛みやめまい、お天気のせいです―自分で自律神経を整えて治すカンタン解消法』(廣済堂出版健康人新書)、『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話—「寝る・食う・動く」を整える』(ミシマ社)など。