漢とローマ~古代帝国の比較史

  • 講師写真
  • 井上 浩一(大阪市立大学名誉教授)
講師詳細

紀元前後、ほぼ同じ時期に漢帝国とローマ帝国が成立しました。東西の大帝国はその後、どちらも異民族の侵入を受けて分裂・滅亡します。中国は南北朝時代となり、ローマ帝国は東西に分かれました。よく似た歴史を歩んだふたつの古代帝国でしたが、国家の基本的な性格は大きく異なっています。東洋史と西洋史の違いの原点と言えるかもしれません。漢とローマを通じて、東洋と西洋の違いについて考えてみます。

この講座は終了しました
日程
2020/12/25
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
※13時~14時30分です。
その他
窓口でお手続きされる方は、歴史のちらしをご確認ください。

講師詳細

井上 浩一(イノウエ コウイチ)
1947年生。京都大学文学部卒。京都大学大学院文学研究科西洋史学専攻、博士課程単位取得退学。専門はビザンツ帝国史。著書に『ビサンツ帝国』『生き残った帝国ビサンティン』『ビサンツ皇妃列伝』『ビサンツとスラブ』『ビサンツ文明の継承と変容』など。