【オンライン受講】人がつなぐ源氏物語 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 伊井 春樹(大阪大学名誉教授)
講師詳細

『源氏物語』が千年余の平安の世に書かれ、現代にも引き継がれて読まれてきた、長い歴史における人々のつながりを求めていきます。今回は、『紫式部日記』に見られる中宮彰子の「御冊子作り」、「巣守」巻と「さくら人」巻、建礼門院(平清盛娘徳子)の所持した『源氏物語絵巻』を取り上げます。(この講座は全10回の予定です。今期は第2~4回)
<オンライン1回受講>
7/21「物語書写の実態」
 https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/a1693f92-4d40-53d5-5e8a-6093af2e2b3d
8/18「平安末期に読まれていた『源氏物語』」
 https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/80346c0a-f9f5-9eda-b14b-6093b1565982
9/15 建礼門院の所持した『源氏物語絵巻』とその周辺
 https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/a5dfc836-42df-3ba6-6546-6093b34647e8

※こちらは、中之島教室で行う講座を、オンラインでお聴きいただくハイブリッド型講座です。
★★〈ハイブリッド型・オンライン講座注意事項〉
・本講座は中之島教室で行う講座を、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使って受講するハイブリッド講座です。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でも視聴いただけます。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline009@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・前日夕方までに講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。(直前のお申し込みの方は、開講時間までにお送りします。) 弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/7/21, 8/18, 9/15
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 10,890円
持ち物など
・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行いますので、当日受講券のご用意などは不要です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。

講師詳細

伊井 春樹(イイ ハルキ)
1941年生。広島大学大学院博士課程修了、文学博士。大阪大学大学院教授、人間文化研究機構理事、国文学研究資料館館長、逸翁美術館理事、逸翁美術館館長を経て現職。著書に『一千年目の源氏物語』『世界が読み解く日本』『ゴードン・スミスの見た明治の日本』『源氏物語を読み解く100問』ほか多数。