赤木雅子さんと記者・相澤冬樹が”追い詰める”森友事件 ~私たちは真実が知りたい【教室受講】
  • 教室開催

  • 相澤冬樹さん
  • 赤木 雅子
  • 相澤 冬樹(記者)
講師詳細

【教室受講を承ります(オンライン受講は別ページあり)】
森友学園を巡る財務省の公文書改ざん事件が“急転”。改ざんを強いられ、近畿財務局職員だった夫が自死した赤木雅子さんが国に賠償を求めた裁判は、国が賠償を受け入れる「認諾」を不意打ちで持ち出し終結。関係者の証人尋問を阻止するため金でケリをつけようとする財務省の手口に赤木さんは「ふざけんな。夫は国に殺され、またも殺された。私は夫が亡くなった理由、真実が知りたい」と憤る。赤木さんの思いと今後の打つ手を、取材してきた相澤冬樹記者が伝える。

(判決後の内容に変更しました。21年12月23日現在のものです)

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(相澤さんは教室、赤木さんはオンライン)。教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/5b1901cd-619b-5721-8e6a-6194dc441df1
教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2022/2/5
曜日・時間
土曜 15:30~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 3,960円
設備費(税込)
110円
その他
相澤冬樹さんは教室、赤木雅子さんは別室からオンライン(声)での出講予定です。
判決後の内容に講座案内文が変更になりました。(2021/12/23)
窓口でお手続きされる方は、時事6番のちらしをご覧ください。

講師詳細

赤木 雅子(アカギ マサコ)
相澤 冬樹(アイザワ フユキ)
1962年生まれ。元大阪日日新聞編集局長・記者(2021年7月末で退社)。1987年NHKに記者職で入局。2017年、東住吉冤罪事件を取り上げたスペシャル番組で取材を担当。森友問題は発覚当初から真相を追い、当時、NHK大阪放送局の司法担当キャップ。18年、森友問題を取材最中、記者職を解かれてNHKを退職した。週刊文春で報じた「森友自殺<財務省>職員遺書全文公開『すべて佐川局長の指示です』」は、第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」の最終候補作に。著書に「私は真実が知りたい 夫が遺書で告発『森友』改ざんはなぜ?」(赤木雅子・相澤冬樹共著、文藝春秋)、「メディアの闇「安倍官邸vs.NHK」森友取材全真相」(文春文庫)、「真実をつかむ」(角川新書)